足元は常に見られている

エグゼクティブは足元から

よくホテルなどの接客スタッフは靴を見ている,という話がありますよね.

オシャレは足元からとも言います.

それだけ靴というアイテムは重要ということです.

それにも関わらず,日本のビジネスパーソンには靴への意識が低い方が多いように思います.

昔,日本のお偉いさんを同席して海外の企業を訪問したとき,そのお偉いさんがくたびれたゴム底のローファーのようなもので来たことがあり焦りました(笑)

出張だから歩きやすいほうが良いと考えたのかもしれませんが,グローバルスタンダードから考えるとこれはいただけません.

ローファーは仕事でギリギリ使えるかな,というぐらいカジュアル寄りです.

しかもお世辞にも綺麗な状態とは言えないものでした.

ではチャーチやジョンロブなどの高級靴を履いていればいいのか?

答えはNoです.

 

革靴はどれだけ手をかけているかで決まる

エグゼクティブの大半はそこそこの,数万円程度の靴を履いているようです.

ぱっと見てどこの靴か分かるほど詳しくはありませんが,それでも自分で持っているジョンロブなどの靴はだいたいデザインが決まっているので分かります.

私が見た限りでは,商談の場でジョンロブを履いている海外のエグゼクティブに実際にお会いしたことはほとんどありません.

(このあたりは業種にも関係があると思いますので,あくまで個人的な感想ということで・・)

 

ただし,みなさんに共通している点がひとつ.

それは,よく手入れされているということ

かなり綺麗に磨かれているのです.

何が言いたかったかというと,革靴の価格ではなく状態が重要なのです.

つまり,例えジョンロブを履いていたとしても,手入れが行き届いていなければNGということになります.

 

革靴は同じものを毎日履いてはいけない

黒と茶色の1〜2足を履き回している,という方はすぐにあと2足買い足してください.

靴は1日履いたら2日は使わないようにしましょう.

これだけで靴が傷まず長持ちするようになります.

履かないときは必ずシューキーパーを入れてください

ジョンロブなどで買うとシューキーパーも一緒についてきますが,数万円の革靴の場合はそうはいきません.

自分でシューキーパーを買う必要があります.

3千円程度で脱臭効果があるもが買えます.

このとき,自分の靴のサイズに合ったものを選ぶことが重要です.

最低でも月に1回は磨く

汚れ具合や使い方にもよりますが,綺麗に見えても月に1回は磨くようにしましょう.

理想を言えばもっと短い周期で磨くべきだと思いますが,なかなか時間がないのでそうもいかないのではないでしょうか.

私の感覚的には,3日間に1回履くような頻度の場合は月に1回程度でもなんとかなるかな,という感じです.

手入れの方法はそれほど難しくありません.

あまりやったことがないという方は,ジョンロブの動画が参考になると思います.

 

また,靴のメーカーによって推奨する手入れの方法が若干違います.

高級靴の場合はそのブランドがケア用品も出していると思いますので,それを使うようにしましょう.

そうでない場合は,必要な道具がセットになったものが売られていますので,まずはこれを使うのが良いでしょう.