日焼けはリア充の証

プライベートが充実していることをアピールする方法

少し前に、ビジネスパーソンでも日傘をさすということが話題になりましたね。

あまり定着しませんでしたが、暑さをしのぐために日傘に注目が集まるのも理解できます.

ところが,日光を浴びることは悪いことばかりでなく,ビジネスパーソンにとっては良いこともあります.

海外のエグゼクティブの中には,あえて日焼けしている方が多くいらっしゃいます.

なぜ彼らはそんなに日焼けしているのでしょうか.

実は日焼けをしていると,休暇を取って充実したプライベートの時間があると思われます.

仕事もバリバリこなしていて,休暇もとって余裕がある人だな,と思われることを期待しているのです.

ずっと働いているほうが美徳とされる傾向にありますので,日本人にはこのような感覚がなく,なかなかこの考えは受け入れられないのではないでしょうか.

しかし,海外に目を向けるとそうではないということを知っておかなければなりません.

 

いつどうやって日焼けをすればよいのか

本当に長い休暇をとって南の島でゆっくり過ごすことができれば,それは素晴らしいことですよね.

リゾート地で欧米の方がよく日光浴をしているのを見かけることがありますが,その理由のひとつがプライベートの充実ぶりをアピールするたのものかもしれません.

しかし,そんなに長い期間休暇を取るのは難しいのが現実ではないでしょうか.

そういう場合はタンニングマシンの利用をおすすめします.

日サロというと行くことに抵抗があるかもしれませんが,フィットネスクラブにタンニングマシンが置かれているところも多くあります.

フィットネスのついでに軽く日焼けすることで,健康的でプライベートが充実した印象を与える肌を,手軽に手に入れることができるでしょう.

また,日焼けをした場合は肌の手入れを欠かさないようにしましょう.

ただ焼けていれば良いという訳ではなく,キレイな肌を保っておくことも相手に良い印象を与えるためには重要であることを忘れてはいけません.

男性もスキンケアして当たり前

 

発癌リスクを抑えて日焼けしているように見せる方法

実際に日焼けすると肌は傷みます.

皮膚癌の可能性も高くなりますので,過度な日焼けは避けたいところ.

しかし肌は焼けているように見せたい・・

こうしたワガママを叶えてくれる便利なものがあります.

それはセルフタンニングローションというもので,日焼けしているように見せかけることができるというものです.




使い方は簡単で日焼けしているように見せたいところに塗るだけ.

これだけで日焼けしたような肌の色を手に入れることができます.

普段から日焼けすることに抵抗がある方,皮膚が傷むことを心配される方は,海外出張のときや,海外のエグゼクティブと会うときだけこれを塗っておくと良いでしょう.

日焼けはワークライフバランスが取れていることを一番分かりやすく伝える手段です.

日本人はワーカホリックだと思われがちですが,ワークライフバランスが取れている(ように見せる)ことで外国人からの見方がちょっと変わるかもしれません.

肌の色を強調するために,歯の色も重要になります.

あわせて歯のホワイトニングも取り入れるようにしましょう.

なぜエグゼクティブには「綺麗な歯」が必要なのか