肌の疲れを隠して印象を操作する

疲れは肌に出る

忙しく毎日を駆け抜けるエグゼクティブでも疲労は蓄積していきます.

リフレッシュできる時間が取れればよいのですが,忙しいときにはそうはいきません.

また,重要な会議の前はいつもより慌ただしくなりますが,疲れていることを他の人に気付かれるようではいけません.

どんなに忙しくても周りには忙しい姿を見せないほうがベターでしょう.

しかし,どんなに疲れていないように振る舞っても隠せないものがあります.

それは肌です.

年齢を重ねると明らかに肌に疲れがでるようになります.

元気なふりをしてても肌が疲れてみえれば,それはただ強がっているようにしか見えず逆効果です.

そんなときは肌の疲れを隠してしまうことです.

続きを読む

ビジネスパーソンは脱毛すべき

ビジネスパーソンこそムダ毛に気を使うべき

男性はムダ毛処理をするという考え方がまだ浸透していないようです.

人に見られる以上は,最低限のケアは欠かせません.

清潔感を保ち続けるには,普段の手入れが重要です.

定期的なケアに時間を取られたくない人は永久脱毛しましょう.

続きを読む

男性もスキンケアして当たり前

男性にとってスキンケアは必要不可欠なもの

笑顔で握手しても,肌のコンディションが悪いと印象も悪くなります.

特に女性は男性の肌をよくチェックしています.

男性はあまりスキンケアに興味を持っていないようですが,むしろ男性のほうが肌をイジメる機会が多いのです.

髭剃りのために肌に毎朝刃を当てていますし,日差しの中無防備に歩き回ることもあります.

また,海外に出張に行くと乾燥していることもありますし,シャワーの水の硬度の違いで肌に合わないなんてこともよくあります.

スキンケアをやらない理由が見当たらないほどです.

肌も重要な印象コントロールの道具です.

健康的で美しい肌のほうが良い印象を与えることができるに決まっています.

ここでは私が実践しているケア方法をご紹介しますが,重要なのは自分に合った方法を探すことです.

続きを読む

肌着のルール

シャツの下に着てよいものは決められている

シャツに関する記事でオーダーする必要性はご理解いただけたかと思います.

ここで肌着のチョイスを間違ってしまうと,せっかくのオーダーシャツが台無しです.

さすがに,シャツの下に柄物のTシャツを肌着代わりに着る方はいないと思いますが(笑)

肌着といえば白,というイメージを持った方も多いのではないでしょうか.

白の肌着がダメとは言いませんが,おすすめはできません・・

ここでは,適した肌着というものを理解しましょう.

続きを読む

シャツは12枚ストックして6ヶ月ごとに6枚購入して6枚捨てる

シャツは消耗品

そもそも,シャツはスーツを汚さないためにあります.

襟元や袖口など肌に触れる部分が多いこともあり傷むのは仕方ないこと.

消耗品と割り切りましょう

どうせ消耗品なので安いものを買えばよいかというと,そういうことはありません

自分の体にフィットしていることが必須条件です.

スーツの下に見えるシャツが小さくてパツパツだったり,大きくて余計なシワができていたりするとマイナスイメージです.

それと,日本では夏場に半袖シャツをスーツの下に着ている方を見ますが,あれはNGです.

ビジネスの世界ではミリ単位で計算し調整された長袖シャツが必要なのです.

逆に柄モノのシャツや流行を追いかけているようなシャツは不要です.

服で何を語るか,服にどのようなメッセージを込めるか,をよく考えてください.

エグゼクティブであれば,ストイックに,真摯に仕事と向き合う人物であることを服を使ってアピールすべきです.

少なくとも,装いでイメージが下がることがあってはなりません

続きを読む